An Arc

by Yu Miyashita

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥1,500 JPY

     

1.
03:46
2.
06:00
3.
04:45
4.
05:18
5.
05:18
6.
05:08
7.
02:56
8.
03:24
9.
05:22

about

-

y-vv001. Yu Miyashita - An Arc

All tracks composed by Yu Miyashita
www.underarrow.com

All tracks mixed and mastered by Yu Miyashita (UNDERARROW)
www.underarrow.com

Artwork by Masanori Diefor (ARK TYP)
arktyp.jp

Released on vvhy
www.vvhy.net

-

"Beautifully violent work. --- ‘An Arc’ appears ready and willing to destroy itself. Yet it somehow manages to keep it all together. Yu Miyashita keeps a steady balance between the classical and the chaos on this album. It’s simply gorgeous."

Beach Sloth
beachsloth.blogspot.jp/2012/03/yu-miyashita-arc-84.html


"While the glitch pioneers tended to favour a stripped down minimalism, Miyashita takes advantage of advances in processing power to create maximalist symphonies of jittery orchestral samples, granular synthesis and dense textural wash. --- his complex creations are well crafted and worth checking."

Cyclic Defrost
www.cyclicdefrost.com/blog/2012/04/yu-miyashita-an-arc-vvhy


"Yu Miyashita's music hits you like a wave, in which each droplet of water is replaced by a string of digitized code. When first hit, it is impossible to decipher anything but raw emotion and sound, such is the seemingly impenetrable structure of it, resplendent in white noise mutated by the human hand."

The SIlent Ballet
thesilentballet.com/reviews/2012/04/yu-miyashita-an-arc


"幾重にも重なる緻密なグリッチ/ノイズに環境音、大胆なメロディを織り交ぜ、圧倒的なテクニックで制御したAn Arc。Yu Miyashitaの昨今の躍進を裏付ける革新的な音像は、彼の音に対する挑戦心に満ちている。「A rare mesh of glitch, noise and musicality」を掲げたvvhyの行く先を示す、アイコン的作品となるだろう。"

text by Seiya Togo
twitter.com#!/seiyatogo


"「音楽は言葉に出来ない」という文句はドイツロマン派の詩人が言い出した事らしいが、"言葉"が"意味"を意味するものだとするならば、意味としての楽音具体音や、その構成の歴史的背景を記述する事は可能だったかもしれないし、主観的だとしか思えない曲想に対しても、今や(イデアルな)複数の標語が存在している。現在に於いては音楽を言葉にする事は、それをそのままトレースしたものではないにせよ、不可能な事では無いようである。

この作品 Yu Miyashita "An Arc" は、目紛しく動く音像や切断が繰り返される音響に注目するのならば、ある音を録音加工再構成しそこに新しい意味や響きを見出す、具体音楽から連なる歴史の影響を感じられるだろうし、その意味の衝突や重層に、単なる羅列では済まされないある曲想を見出す事も出来るのかもしれない。

しかしながら、これはラップトップミュージックのある到達点であると思うのだが、波形としてしか実在しない、あまりに抽象的な音の連続は、その背後に隠れる"意味"を見出す事を敢えて拒み、即ち"意味"からの逃走を繰り返し続けているように聴こえるし、そしてその響きは複数の層となりながらも、単一の平面を持ちえず、多面体として、時として複数化しながら、しかし連続を保ちながら、響き続けている。その様は名指されるような、既成の曲想へと回収されるのを拒んでさえいるようでもある。

なのでここに、残念ながら、私が何かを書き付ける事がこの作品に対して何らかの位置を占める事すら出来ないだろうし、修辞による漸近線すら描けないように思える。幾度となくこの音源を聴いて解ったのは、この音楽は決して音色や位相に関して言及する事で片付けられるようなものではない、という事くらいだった…。

"ある弧"と名づけられたこの作品は、その名の通り、決して全体を把握する事のできない巨大な音楽という"円"の確実な、しかし不定の、"弧"として存在しているようである。"

text by Kosuke Numakura
nadukeenumono.com

-

credits

released April 1, 2012

tags

license

all rights reserved

about

Yu Miyashita Brighton, UK

A rare mesh of glitch, noise and musicality.

contact / help

Contact Yu Miyashita

Streaming and
Download help

Redeem code